転職神殿の神官に転生した俺の言うことは絶対らしい~秩序が崩壊するレベルのチート能力を持った影の権力者の物語~
●Story
クルト・ヴァントは異世界への転生者だ。
二度目の人生を始めたが、産まれた家は神官の家系で、
彼もまた、その道を進むことを望まれていた。

この世界では、すべての“職業”が神によって
定められていて、誰もそれに逆らうことはできない。

クルトは、そんな神聖な“職業 ”を司る神官として、
転職神殿に勤めることになり、罪人の転職を
担当することになった。

その職務なかで、自分だけの秘密であった他人の
ステータスを覗く能力が、じつは職業の変更さえ可能な、
チート能力であることに気付く。

ずっと黒幕的な存在に憧れていたクルトは、
その力を使って、大神官フレデリアの欲求不満を
利用した、下克上を開始した。

この世界を裏から操る権力者となるために、
クルトは美女たちの転職を利用していくが!?
●Character
○クルト・ヴァント

「職業」が神によって定められる世界で、転職神殿の神官となった青年。他人のステータスをのぞき見るだけでなく、自由に転職させられるチート能力を持つ。世界を操る黒幕となることを夢見て、暗躍する。
○フレデリア

転職神殿の大神官。国民の規範となるべく禁欲的な生活を送っているが、そのせいで欲求不満状態にある。
○セーラ

騎士団長だった姉に憧れる、女騎士。ある目的で、騎士団内部を調べている。
マイリス

裕福な貴族だったが、我が儘な性格が災いして没落し、奴隷階級に。復権を目指している。
○ティニ

王国の第四王女。その美貌で、国民からの絶大な人気を誇る。
●書籍情報
転職神殿の神官に転生した俺の言うことは絶対らしい
~秩序が崩壊するレベルのチート能力を持った影の権力者の物語~
1200円(税別) 2017.5.1発売予定
ISBN : 978-4-8015-2130-8
書籍を購入
電子書籍を購入
●ショップ限定購入特典